読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画感想:『お嬢さん』の鑑賞は145分の濃密な時間


『お嬢さん』本編特別映像

なかなかエゲツないエロと狂気。鑑賞前の本作のイメージはそうだった。

ウェールズの作家サラ・ウォーターズの「荊の城」を原作として、作品の舞台をヴィクトリア朝から日本統治時代の朝鮮に変更をしている。
その変更が功を奏し、本作特異なアジアの妖艶な雰囲気を醸成している。

145分という長い上映時間は三部に分かれており、一部は侍女スッキ、二部はお嬢さん秀子、三部は第三者の視点から描かれている。

第一部終了時は「え、こんな話なの?まさかこれで終わりじゃないよね?第二部第三部でとんでもないことが起きるんだよね?」と期待と失望感の間をいったりきたりしていたが、見事に振り切ってくれた。

第二部以降の衝撃は強い。


鑑賞前のイメージ通り、エロティック、かつサイコティックなストーリー。
ただ本作の良いところはそれが目的なのではなく、ストーリー上必要な要素としてとエロティック、サイコティックな要素が盛り込まれているのである。エンターテイメントとしても十分楽しめることができ、クライマックスではカルタシスを感じるほど。

美術と演技も非常に良い。

中心となる部隊である屋敷は、和洋折衷の妖艶な雰囲気を醸し出しており、映画全体の空気感を形作っている。
また女優の演技も素晴らしい。お嬢様の、ピュアさとずる賢さに、少女と大人に揺れ動く、アンビバレンスな色気のある表情。スッキの、騙そうとする詐欺師としての心情から侍女として性の対象としての純粋な好意への心情の移り変わり、それを表す表情。

本作を分類するとしたらなんだろうか。サスペンスか、ラブストーリーか、ポルノではないことは確かだ。
多くの人が感想に書いているようにデートで見るのには適さないが、顔をそむけたくなるがしかし見ていたい、そんな上質なエンターテイメント作品を観たい人におすすめできる作品だった。