映画感想:宇宙、女性、黒人のフロンティア=『ドリーム』


映画『ドリーム』予告A

SFや本作のような宇宙に関連した映画(本作はScience Non-Fiction)はなぜこうも魅力的なのだろうか。


それは、宇宙が人間にとって、一番未知の領域であるからではないだろうか。
例えば、地球の自然の脅威に関する作品は多く存在する。異常気象の話だったり、未踏の地の冒険潭だったり。ただし、それらは想像することはできる。結末は自然の偉大さや脅威であって、それは自明のこと。全く想像できないことはない。

また、人間の脳に関する話に関する作品も多く存在する。「自分は強い」という妄想が表出する作品(『ファイトクラブ』)や、行き過ぎた欲求・欲望を描いた作品など、切り口はたくさんある。そして、それらも、実感として理解をすることはできないかもしれないが「そういうことを考えたり、そういう状態になってしまう人がいるんだろうな」を想像することはできる。


ただ宇宙は違う。


ほんの数百年前は地球が球体だとすら考えられていなかった。ましてや今の宇宙の存在など、誰も確信を持った形で説明することはできなかっただろう。
これだけ科学が進歩した現代においても、地球外生命体の存在は実証(反証も)されていない。
今ある説と全く違う宇宙の実態が発見される可能性もある。

宇宙とは「究極のフロンティア」であり、それはとても魅力的である。


また本作は「数学者(科学者、エンジニア)の功績」を扱っている点が、その魅力を助長させているのではないだろうか。
猿から進化した人間が、その脳を使うことで宇宙に行って、そして帰ってこれてしまうのだ。叡智とはこのことである。


ここで本作の概要を。

アメリカとソ連が宇宙開発競争を繰り広げていた時代。3人の優秀な黒人女性はNASAで働いていた。
数学者のキャサリンはスペース・タスク・グループへの異動するもトイレは別、コーヒも別と差別的な扱いを受けている。
メアリーは技術部へ異動するもエンジニアになるには白人専用の学校の学位という高いハードルに直面している
リーダー格のドロシーは、管理職への昇進を直訴するも、黒人管理職の前例がないと却下されてしまう。
彼女らは、女性であること、黒人であることにより差別的な扱いを受けるが、ひたむきな努力、諦めない精神により徐々に認められていく。
そんなストーリーだ。

そんな「女性の権利」「黒人の権利」と「宇宙」というフロンティアが相まって、より深い感動を与えてくる作品になっている。


本作の大きなテーマである「女性の権利「黒人の権利」に関しては、1つ劇中のシーンを紹介したい。

メアリーは裁判所に直訴し、大学への入学を許可される。
ただそれは夜間学校への入学であり、夫へ「帰りがかなり遅くなりそう」と告げる場面だ。

夫は静かに彼女の前にひざまずいて「芯を挿入する形式の最新式の鉛筆」を手渡した。
特にものすごくフューチャーされている場面ではないだろうが、個人的にはグッときてしまった。
もし自分がその立場になったとして、静かに鉛筆を渡せるような存在でありたいものだと。


最期に余談を1つ。


グロービス経営大学院が主催している、あすか会議2017内の公園 第8部全体会「テクノベートが変える社会」にて、筑波大学助教授の落合陽一氏がこんなことを語っていた。

「(超ひも理論で有名な日本の物理学者である)大栗博司先生に、”大栗ラボってどんな風に会話してるんですか〜?って聞いてみたんすよ。そしてら、(大栗先生は)”ああ、数式”って(笑)」


www.youtube.com
※該当箇所は38:47付近


天才的な数学者、科学者の集団だったNASA(特にスペース・タスク・ルーム)において、どうしてキャサリンは差別的な扱いを受けてしまったのだろう。
数式で語れなかったのだろうか。

数式で語れるはずの彼らでさえそうなのだ。つくづく、良くも悪くも人間は社会的な生き物なんだなと、大栗先生の話を思い出しながら感じた。


話が少しそれたが、人生に対する活力が増す作品である。
自分は、今後どんなフロンティアを開拓できるのだろうか。それがとても楽しみになった。

映画感想:『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』を観て思考の整理手段を考える


『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』予告

人は、自らの頭の中では完結することができないほどの思考があふれると、思考を外に出そうとする。
その最たるものが、喜怒哀楽だ。喜怒哀楽の感情が、自分の中で完結できないほど大きなものであると、それが表情や仕草、態度や言葉になって表出する。
ただそんな単純なものではない「自分でもとらえきれない感情」を抱えた時、またそれが大きなものであるとき、表出の仕方は人それぞれだ。

独り言をブツブツと言って、思考を整理する人もいる。
他人に話をして、整理をする人もいる。
自分の考えや感情を文字にすることで、整理する人もいる。

彼の村上春樹氏もこう語っている。

自分のために書いている、というのはある意味では真実だと思います。
(中略)
そこには「自己治癒」的な意味合いもあったのではないかと思います。なぜならあらゆる創作行為には多かれ少なかれ、自らを補正しようという意図が含まれているからです。つまり自己を相対化することによって、つまり自分の魂を今あるものとは違ったフォームにあてはめていくことによって、生きる過程で避けがたく生じる様々な矛盾なりを解消していく——あるいは消化していく——ということです。

※『職業としての小説家』より


思考のアウトプットという行為は、方法は人それぞれ違いはあれど、思考でがんじがらめの状態から脱するために必要なものなのである。


そして本作はどうだろうか。
本作の主人公デイヴィス(ジェイク・ギレンホール)はウォールストリートのエリート銀行マンだ。
美しい妻と十分すぎる財力。表面だけ見ると申し分のない存在。

そんな暮らしのとある日、妻と共に仕事に向かう途中で交通事故に遭い、妻を亡くしてしまう。
しかし彼は涙が出ない。悲しいという感情もない。彼は自分の空虚さを実感し、それに戸惑う。

自分はどうしてそんな空虚なのか、それさえもわからない彼は、思考の棚卸しを始める。


多くの人は、冒頭に書いたように「ぶつぶつ言ったり」「文字にしたり」することで棚卸しをする。
しかし彼は違った。

彼の周り、特に妻に関わるものを「分解」「破壊」をし始めたのだ。
表情を見ても、やり場のない感情を解消するために、カタルシスを感じるためにやっているわけではなさそうだ。
だってそれは一過性のものではないから。何日も何日も、ついには仕事を辞めてまで「分解」と「破壊」をし続ける。
冷静に、ネットでブルドーザーまで買って破壊をする。

彼は自分の思考を整理する過程で、現実の破壊が必要だったのだ。


そして彼がわかったこと、それは最期に彼の口から語られる。

「愛はありました。ただ、疎かにしていました。」

たったそれだけ。ただ彼は、分解と破壊をすることで、自分のその真実を理解することができたのである。


人によって違う「思考の整理」の手段。
この映画を観て、改めて自分と近くにいる人がどうなのかを考えてみるのも面白いのではないだろうか。

映画感想:『ティパーテッド』とハリウッドリメイクの本質

www.youtube.com

ハリウッドリメイクとは、アメリカ以外の国で作られた映画をハリウッドの技術、人材、お金を使ってリメイクすることだ。
リメイクの数は減ることがなく『君の名は』まで実写リメイクされるらしい。

そして本作は、香港ルノアールの傑作『インファナル・アフェア』をリメイクしたものだ。アメリカでの評価は高く、リメイクものとしては最多?のアカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞編集賞を受賞している。

本作をリメイクではなく1つの作品として観るのであれば良い出来なのかもしれない。ただ自分は、リメイクものとしてはいまひとつだと思う。

元作品であるインファナル・アフェアの魅力は、「警察とマフィア、それぞれの潜入捜査官が、正体を隠しながら駆け引きをするスリリリングさ」という舞台設定によるものだけではない。ラウ(警察に占有しているマフィア)とヤン(マフィアに潜入している警察官)それぞれの立場と本音の中で揺れる葛藤、そして仏教の世界観。

ヤンは善人だった。長い潜入生活で多少乱暴で薬中気味ではあるものの、彼がマフィアにいるのは「善人であるため」だ。
だからこそ、彼は警官として死ぬことができた。

一方のラウは悪人だった。2作目で描かれていたように、1990年代マフィアの大ボスを殺害し、警察に潜入した後も情報を流し続けていた。
彼は「善人になりたい」と願うようになるが、そう簡単にはいかない。
性(さが)から逃れることができず「善人になるために」悪事を重ねていく。
そして本作の最後には、死ぬよりもつらい『終極無間=無限地獄』で苦しむことになる。

なんて残酷な「因果応報」。

だがしかし、これは仏教の概念をストーリーに導入したアジア映画ならではのものである。
そこが本シリーズの醍醐味であり、ハリウッド映画にはないものだ。

映画感想:『インファナル・アフェアIII 終極無間』で仏教の残酷さを知る - ならず犬 映画ブログ


自分は『インファナル・アフェア』の感想でこう書いたが、まさに本リメイクでは元作品の仏教の世界観が抜けている。

そしてこうも書いた

一方で、たとえばキリスト経では悪人に対する宗教の態度は「救済」である。ラウのような悪人に対しても、「無限地獄」ほど残酷なストーリーにはしない。その国ごとの宗教観により、映画の脚本や演出も違ってくるのだろう。

ディパーテッド』においても、アメリカという国における宗教観、人生観を描いてほしかった。舞台設定は同じで国がアメリカに変わっただけの作品に思え、薄い作品に思えてしまった。

まあ、ただそうやって「エンターテインメント」を作ってきたのがハリウッドであり、入り組んだ裏のテーマとか設定とかはいらないと言われたらそうなのだろうが。

1つ言いたいことは『インファナル・アフェア(3部作)』は観てほしい。『ティパーテッド』は、、何も考えずに映画を観たいときや、ジャック・ニコルソンの大ファンで、マフィアとしての彼の迫力を堪能したい(唯一『インファナル・アフェア』に勝っている点だと思う)に是非。

映画感想:『ナイトクローラー』と”Post Truth”


映画『ナイトクローラー』予告編

“Post Truth”

英オクスフォード英語辞典が毎年発表する「その年を象徴する単語」として、2016年に選ばれた言葉だ。

定義として、こう書かれている

“Relating to or denoting circumstances in which objective facts are less influential in shaping public opinion than appeals to emotion and personal belief.”

客観的な事実が重視されず、感情的で個人的な訴えが政治に影響を与える状態のことを指す。

何がPost Truthの時代をつくり出したかと言うと、SNSである。
人々は、自分の意見/考えとは違う、見たくない、知りたくない情報とは距離を置き、自分にとって都合の良い情報を中心に入手するようになった。それは、より長い時間滞在してもらうために、個人の嗜好に合わせた情報を流すSNSの性質がそうさせている。

今の世の中で100%客観的な情報(=Truth)を入手することはできるのだろうか。メディアやSNSを通してそれを得ることはできない。自分の目で、耳で、実際に見聞きしなければ真実を知ることなどできないのである。


ナイトクローラー』のテーマは、いきすぎた欲望=狂気から「真実」がねじ曲げられてしまう話である。

ジェイク・ジレンホール演じるジェイクは定職がなく工事現場のフェンスを盗んで小金を稼ぐほど困窮している人物。そんな彼は事故現場を撮影(動画)するカメラマンに触発され、事故や事件を撮影する仕事を始める。

よりスキャンダラスな映像を撮るために客観的な映像を撮ることはなくなり、次第に彼の行動はエスカレートしていく。


彼は発砲事件の現場に行き、今にも息を引き取らんばかりの男性を至近距離で撮影した。

必死に彼を助けようとする救急隊員がいる中、その様子を撮影することはいいのだろうかという議論はあるが、現場の様子をそのまま撮影した映像ではある。


彼は交通事故の現場に行き、より良いアングルの映像を撮影するために、車にひかれ事故死した男性の遺体の場所を変える。

ためらいもせず、顔色一つ変えず、死体を引きずって位置を変える彼は異常だ。そしてその映像が客観的なものだとは言えない。事故自体は間違いなくあったものだが、現場を意図的に動かすことは作為的だ。


そして彼の行動はエスカレートしていき、ついには彼だけが持っている情報で「事件をつくり出す」ことさえしてしまう。


しかし、ジェイクの狂気も怖いものだが、もう1つの狂気がある。
ローカル局の朝番組の監督ニーナである。

彼女はジェイクからスキャンダラスな映像を買い、彼女のニュース番組の視聴率を上げようとする。
彼女が番組で通貫して語りたいと思っているメッセージは「落ち着いた生活をおくる中間所得層から富裕層(白人)に忍び寄る都市犯罪(白人以外の人種によるもの)」であり、そのメッセージの論拠になる情報を積極的に取り上げようとする。

逆に、そのメッセージを否定するような情報が出てきた際には報道しない。
真実ではなく、感情的に「忍び寄る都市犯罪」というメッセージを重視している。


映像自体が作為的なのも問題だが、その映像を流す報道番組の編成でメッセージが作為的なのも問題なのではないか。
正確に言うとそれ自体が問題なのではない。「報道”風”情報番組」だと言うのであれば、編成が作為的であっても問題はない。「報道番組だとうたっているいるのにも関わらず、作為的であること」が問題なのである。


Post Truthが叫ばれ、SNSの情報の信憑性には疑いがもたれるようになった。SNSプラットフォーマーもFake Newsの排除のための対策を実行している。
ただし、それはシステムの欠陥への対応策であって、本質的な解決策にならない。例えばFacebook上で、とある報道番組の公式ページ上でニュースの映像が流れていたとする。そのニュースが作為的なメッセージで語られたものであったとしても、プラットフォーマーは虚実の判断をすることはできないだろうし、多くの情報を得る側の人もそうだろう。

冒頭に書いたように、100%客観的な情報を入手することは不可能だろう。
ただし疑うことはできる。信頼している友人が流している情報だから、古くからあるTV局が作っている番組だから、そんな外側で情報の虚実を判断するのではない。情報があふれる今の時代だから情報の取捨選択を他社にゆだねるのではなく、自らの判断によって情報を取捨選択する必要があるのだと思う。

映画感想:『アデル、ブルーは熱い色』は、アデルの半開きの口で全て語れる


アデル、ブルーは熱い色


恋人同士、家族の人間関係って、どう表現したらよいのだろうか。

自分は、よく「曲線的なベクトル」をイメージする。

一人一人自分の人生のベクトルを持っていて、人と人が関係を持つときに、それが絡み始める。
絡み方は様々だ。つかず離れずのカップルであれば、2人のゆるやかな曲線が伸びていく中、時折それらが絡む。
本作のように短時間で激しい感情をぶつけ合うような関係性においては、曲線は激しく絡み合う。

そして長く関係が続くということは、波形が近いということではないか。
人生の波形が合わない場合、2本の曲線的なベクトルは絡むことができなくなり、関係がなくなっていく。


この映画を観て、そんなイメージが思い起こされた。


アデルは高校生、あどけない顔をしていて感情的。よく食べて、寝て、そして恋をする。
エマは美術系の大学に通う大学生、落ち着いていて、自分のことをよくわかっている。

2人はたまたま出会い、そして恋をする。激しく燃えるような恋をした。
ただそれも長くは続かない。2人のベクトルが違う方向に向いてしまったから。

エマは大学を卒業し、創作の道を追求する。
アデルは高校を卒業して先生になるが、まだ若く精神的に独り立ちをしていない。
そんな2人のベクトルは交わらなくなり、そして関係性は崩壊していく。


そんな人生の一時期を切り取ったのが本作だが、エマとアデルを演じる2人の演技が素晴らしい。特にアデルを演じるアデル・エグザルホプロスの演技に惹かれる。化粧っけのない顔、常に半開きの口、何か深く考えているようで若さ故の迷いによる憂いの表情。そしてレズSEXシーン。役が憑依すると言うが、まさにその通り。アデル・エグザルホプロスはアデルそのものだった。


人生とある時期における激しい恋の作品は数あれど、ここまで本能的で自然な作品は今まで観たことがない。かつての自分に重ね合わせてもよし、今の自分と恋人・家族のベクトルはどうなっているんだろうと考えるのもよい。何にせよ、アデルに感情を揺さぶられるのは間違いない。

映画感想:『レヴェナント』からポジティブな教訓を導き出してみた


映画「レヴェナント:蘇えりし者」予告1(150秒) アカデミー賞主要3部門受賞

これは見事なゾンビ映画

映画タイトルは『レヴェナント(The Revenant)』。直訳すると、帰ってきた人、亡霊、幽霊という意味である。

まさにその通りで、レオナルド・ディカプリオ演じるグラスは、熊に襲われ大けがをし、生き埋めにされそうになりながら、復習のためにアメリカ北西部の極寒地帯を突き進む。いつ死んでも、いつ生きることを諦めてもおかしくはない状況で、復讐のために生にしがみつく姿はまさに亡霊や幽霊。

傷口を火をおこして焼いたり、パイソンの臓物を生で食したり、死んだ馬のお腹の中で一夜を過ごす姿はすまさまじい。

また、彼の生きる目的は「復讐すること」。自分や家族の生を目的としないことは、本質的に(動物的な観点では)生きていることにはならない。


アラスカを中心に活動をしていた星野道夫さんの『旅をする木』というタイトルのエッセイにこんな話がある。


”日々生きているということは、あたりまえのことではなくて、実は奇跡的なことのような気がします。つきつめていけば、今自分の心臓が、ドク、ドクと動いていることさえそうです、人がこの世に生まれてくることにしてもまた同じです、妻が流産するかもしれないという不安の中で、やはり生命が内包するもろさをぼくは感じました。

「流産をする時は、どうやってもしてしまうものよ。自然のことなんだから、それにまかせなさい」

と言った妻の母親のひと言ほど、私たちを安心させてくれる言葉はありませんでした。そういう脆さの中で私たちは生きているということ、言いかえれば、ある限界の中で人間は生かされているのだということを、ともすると忘れがちのような気がします。” 『春の知らせ』より


それ(死)を医学の力で克服しようとするのが人間であり、また自らの復讐のために生きようとするのが人間だ。

劇中で、原住民が白人のことを「野蛮人は野蛮人だ」と言っている。
野蛮人とはすなわち自然の摂理に従わない動物=人間のことであり、その最たるが、グラスなんだろう。毛皮のために原住民のテリトリーを侵害し動物を狩る白人もそうだが、本来死すべき状況だったところを執念で生きるグラスは、圧倒的な自然との対比された形で描かれている。

「そこまでして…」そう思うのは不自然だからだ。彼の生は、不自然なのである。

ただ、人間の強さもそこにある。自然の摂理に必死に抵抗してきたからこそ、ここまで文明が発展し、また平均寿命が1,000年前の倍以上にまで伸びているのである。

いかに人間が自然の摂理から背いているか、ということを自覚するのは非常に良い作品なのではないだろうか。

ただ、だからと言って「自然に帰る」ということを主張したいのではない。自らの存在の不自然さを自覚しているのとしていないのとでは、例えば自然災害に遭遇したりした時に、慌てることなく、ポジティブな締念から前向きな気持ちを持つことができるのではないか。

日本という自然災害の多い国では、そういった見方をしてみても良いのではないだろうか。

映画感想:『みかんの丘』で老人達がみかんを作り続ける理由


映画『みかんの丘』『とうもろこしの島』予告編

仮に北朝鮮とアメリカが戦争になり、日本が巻き込まれたとして、自分たちはどうすべきなのだろうか。
慌ててミサイルが飛んでこなそうな過疎地域に避難する?それとも国を守るために自衛隊に入隊する?
色々な選択肢があるだろうが、経験したことがない事態に慌てる人がほとんどだろう。


本作はどうだろうか。

ジョージアグルジア)のアブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人のイヴォとマルガス。集落のエストニア人はエストニアに避難をしてしまったが、彼らは残ってみかん栽培とその木箱作りを続けている。

彼らは戦争に加担しようとはしない。食料を求める兵士がいれば何も言わずに食料を与え、家の近くで兵士がなくなれば何も言わずに埋葬する。そして、負傷している兵士がいれば、どこの兵士かは関係なく介抱をする。

一見彼らは何も考えてないように思える。来るもの拒まず、淡々と目の前の事象に向き合うだけ。動揺はしない。

ただ、イヴォとマルカスは「集落に残る」という選択をしている。他の皆が避難してしまった状況下、大きな選択だ。

また、介抱している兵士達(アブハジアを支援するチェチェン人アハメドジョージア兵ニカ)がお互いを「殺す」と言い争えば、イヴォはこう主張する。


『殺す殺すと。そんな権利誰がお前らに与えたんだ』


ハメドは答える。


『この戦争だ』


その言葉に対し、イヴォは言う。


『ばかやろう』


その言い争いの前、乾杯をする際に、イヴォはこうも言った。


『死に乾杯』


『君ら(助けた兵士2人)は死の子ども達だ』


イヴォにとっての死とは、戦争に参加することなのである。
戦争に参加し、普通の生活を放棄すること。それはすなわち人間性を放棄するということだ。国や宗教が違ったら、相手がどんな考えを持っているかは関係なく殺すというのは、人間性の放棄でしかない。


だからイヴォはみかん作りを手伝い続けている。だからイヴォは、それが誰であろうと、お腹をすかせていたり、怪我をしていりしたら、特に何も聞くことはなく助ける。戦争がない時と、できるだけ同じ生活を送ること。それが彼の戦いなのだ。


この映画を観て、『この世界の片隅に』を思い出した。イヴォよりも受け身ではあるものの、主人公すずにとっての第二次世界大戦は「できるだけ変わらない生活送ること」だった。


『これがうちらの戦いですけえ』


彼女はそう言っていた。


戦争になる前、戦争になった後でも、それに反対なのであれば自国の方針に異を唱えるべきだと思うが、どうしようもなくなったときにできることと言えば「可能な限り人間らしい生活を送る」ことなのだと思う。


最後に、日本語版公式サイトの監督メッセージを引用したい。

私の主観的な考えですが、人間にとって一番大切なものが芸術です。この「みかんの丘」には、人間の精神、尊厳にとってとても強い人間的なメッセージが込められています。私は映画、芸術が戦争を止めることが出来るとは決して思ってはいません。しかし、もし戦争を決断し、実行する人たちがこの作品を見て、少しでも立ち止まり、考えてくれるならば、この映画、芸術を作った意義があったと考えています。